SiteMap

news

赤い水着の女性

2017/09/01

初めて奈良のデリヘルを利用する時の注意点

デリヘルを初めて利用する時の注意点を考えてみました。自宅に…

鏡に映った女性

2017/09/01

ソープが減ってデリヘルが増えてる理由

かつては風俗といえばソープランドというようなイメージが強かったのですが、最…

白い服の女性

2017/09/01

デリヘルの良さを実感した体験

みなさんはこれまでにデリヘルを利用した事はありますでしょうか? も…

綺麗な女性

2017/09/01

デリヘル嬢などの女の子の情報

私はいつも利用しているデリヘルやホテヘルのお店のホームページを良く見ていて…

ソープが減ってデリヘルが増えてる理由

鏡に映った女性

かつては風俗といえばソープランドというようなイメージが強かったのですが、最近ではソープランドよりもデリヘルやホテヘルといった派遣型風俗の方が勢いが強く、若い人の間ではソープランドよりもそちらの方が主流になっているのではないでしょうか。
風俗として長い歴史があるソープランドと新興の派遣風俗、どうしてこのような逆転現象になったのかというと、そこには法律や時勢といった様々な要因があります。

現在、ソープランドなどに代表される店舗型(箱型)風俗というのは、厳しい規制が掛けられています。
新規出店というのは日本全国でほぼ不可能となっていて、建物の老朽化などがあればすぐに閉店させられて営業再開も難しくなっているというのが現実です。
地域の健全化とか浄化とか、そういった名目の元風俗などに関しては強い取り締まりを受けているのです。
記憶に新しいのは新宿の歌舞伎町でしょうか。
それ以前であれば西川口なども行政の浄化作戦によって風俗が一気に衰退してしまったという事例があります。

こういった中で、店舗を持たないために一見街中にあるようには見えない派遣型風俗というものは規制があまり強くないため、店舗型から派遣型へと移る店も多いようです。
今後もこの風潮は続き、関東で言えば東京オリンピックを目処に大きく風俗の形態が移り変わるのではないかと言われています。